リボ支払い専用カードとは?

リボ払いって?

リボ払いというのは、リボルビング払いの略になっていて、毎月決められている枠に応じて返済をしていくものとなり ます。

1ヶ月に1万円と決めていれば、口座から引落になる額は毎月1万円以上になることはなく、管理しやすいことになっていますが、利息については上乗せ されるものと思って構わないでしょう。

これは全て完済するまでの期間が延びるケースもありますので、元の金額よりは大きなものとなるという判断で構わない でしょう。

2万円を一括で返済するのと、4ヶ月に分けて5,000円ずつ返済していくのでは4倍もの期間がかかりますよね。

手数料としても考えられますの で、リボ払いにするのは簡単ですが費用がかかると思って下さい。

アコムでもカードの提供をしており、サービスとしてもアコムの専用カードの利用が可能で す。

リボ払い専用カードは

リボ払い専用カードというのは、リボルビング払いしか出来ない専用のカードとして発行されるものになります。

店頭 にて支払いをするときにリボ払いの設定をする必要がなく、月々の支払いを一定額に出来るのは便利な機能となっています。

追加返済をすることによって、リボ の期間を短くすることも出来ます。そうするとリボ手数料の軽減にもなって、トータルの支払額は軽減されるものと考えて構わないでしょう。

リボ払いになって いる1ヶ月の固定枠がありますが、これも追加返済をしておくことによって期間も短くなるだけではなく月の負担額が軽くなることも期待できますので、利用しやすくなっていると考えて構わないでしょう。

アコムでも利用できるものでアコムクレジットリボ払い専用カードがあります。

手数料0にしたいなら、初回全額払いに変更を

リボ払いのメリットは毎月同じ額の引き落としができて楽だということ、デメリットとしては、金利手数料が一般的なクレジットカードに比べ高いということです。(実質年率10.0%~14.6%)

「きちんと返せるかしら…」
「借金地獄なんて怖い…」
そう思う方も多いと聞きますが、今述べたのはあくまでもリボルビング払いの一般論。ACマスターカードの場合、“増額支払い”が可能です。

ACマスターカードは、毎月20日(アコムの休業日に当たる場合は前営業日) 締め、翌月6日払いという支払いサイクルです。

要するに、支払日までにATMやインターネット返済で返済が完了していれば金利手数料はかかりません。

よって、比較的、少額利用する方にその利便性を発揮します。
期日内に収められそうにない方でも、金利も法定金利内で設定されています。

具体的には「借入残高 × 借入利率 ÷ 365× 利用日数」という計算式で出されます。
例えば借入金額5万円、金利15%で30日間借りた場合は、
「5万 × 0.15 ÷ 365 × 30 = 約616円」となります。

これが、6日までに自主的に返済してしまえれば手数料無料で、実質1回払いのように使えるということです。